シラバス情報

授業コード
11110001
講義名
アクティブラーニング
開講時期
2020年度1Q(前期)、2020年度2Q(前期)、2020年度3Q(後期)、2020年度4Q(後期)
科目分類
基礎
科目分野
セルフディベロップメント
教員名
羽根 拓也
実務家教員
実務家教員
履修年次
1
単位数
2.00単位
曜日時限
集中講義

学習目標 (到達目標)
本コースは、大学開始後、オリエンテーション期間中に、特別クラスとして実施される。この特徴をいかし、まずは大学に入った目的意識を明確にし、在学中に何をしたいのかという目標設定を行う。また、社会人になってからどういった職業につき、どういうキャリアプランをたてていきたいのか、といった卒業後の人生設計もあわせて行っていく。これらの目標を明確にすることによって、在学中の学業に力を入れていく機運作りを進める。かつ、クラスメートとディスカッションを行い、知見を高め合う「相互成長」の技法を学び、在学中のあらゆる授業で活用できる受講スタイルを学ぶ。また、後期は、さらにキャリア形成のために、学内の授業にとどまらず、課外活動等を通した、就職時に高い評価を受けられるような「実績作り」を、クラス内課題を通して実施。後期授業へのモチベーションを高め、2年時、3年時への流れを作っていく。
授業概要 (教育目的)
変革の時代において必要なのは、既存の知識、状態に縛られずに、常に上を目指し、「進化」し続ける力。本コースにおいては、生涯に渡って使い続けることができる、「成長の技術」を指導する。大学内で役立つ「クラス受講の方法」から、学外での活動を通しての「キャリア形成の方法」、ひいては卒業後、社会に出てから役立つ「ビジネス力」にもつながる、いわゆる「人間力(=社会人基礎力)」の習得を目指す。
履修条件
履修条件緩和
成績評価方法・基準
成績は以下のパーセンテージで評価する。

----------------------------

●「平常点 30%」
授業態度、FS提出を評価する。

●「授業内課題 40%」
授業内で出される課題の提出、並びにその内容で評価する。
-前期:VINE動画撮影課題
-後期:地域プロデュース課題

●「前期課題 10%」
前期の授業後に出される課題、並びにその内容で評価する。

●「後期読書課題 20%」
本クラスは回数が少ないため、授業内容をカバーする指定教科書の読書、並びにレポート提出を重要視している。後期の課題として読書感想文を提出してもらう予定。

----------------------------
期末試験の内容
・試験方法  課題提出 

・試験内容  上記に準ずる

・提出方法  デジキャンに提出

・持込の可否 上記に準ずる

・実施日   集中講義終了後に提出(期限はクラス内で発表)

・追試験の実施  課題の再提出有  

・再試験の実施  課題の再提出有
課題の内容

授業内容

購入が必要な教科書

教科書以外に準備するもの(画材・機材)
授業中に販売します。「アクティブラーニング・学ぶ技術」サンマーク出版 羽根拓也 \1,365ISBN-10: 4534038259  /  ISBN-13: 978-4534038258

参考文献
「仕事ができる人の実践思考術」日経BP社  \880ISBN-10: 482222290X / ISBN-13: 978-4822222901
「ジコピー道場」日本実業出版 羽根拓也&ジコピー委員会  \1,365ISBN-10: 4763195581 / ISBN-13: 978-4763195586
※大学での教科書販売はありません。

教員より履修学生へメッセージ
教員連絡先