シラバス情報

授業コード
11340001
講義名
日本語文章表現 II
開講時期
2020年度2Q(前期)
科目分類
一般教養科目
科目分野
芸術・人文科学系
教員名
品田 英雄
実務家教員
実務家教員
履修年次
単位数
1.00単位
曜日時限
水曜1限

学習目標 (到達目標)
言葉の表現力、コミュニケーション力を上げることをめざします。
①分かりやすく、間違えのない文章が書ける。
②読者、メディアによって文章を書き分けることができる。
③文章表現力アップのための訓練法を習得する。。
授業概要 (教育目的)
・分かりやすく、人を動かせる日本語の文章表現力を身につけます。同時に、自分が成長していくノウハウを習得します。
・毎回、400〜800字の作文を書いてもらいます。お互いに読み合うこともします。
・自分を表現することを楽しめるようにしたいと思っています。
・文章表現を通して、就職活動や創作活動に活かせることを念頭に置いています。
履修条件
留学生が履修する場合、日本語レベルSまとはAであること(日本語基礎フェーズの場合は、SAまたはA)
履修条件緩和
成績評価方法・基準
毎回の課題(提出)、および授業への関与の程度  100%
期末試験の内容
実施しません
課題の内容

授業内容
第1回
「心に残った言葉を発表しよう!」
・後半のオリエンテーション
・人を楽しませる文章を考える
・「カンカラコモデケア」を知る
・「心に残る言葉」をテーマに文を書く
第2回
「キャラクターの魅力を考えよう!」
・文章がおもしろくなるポイントを考える
・「オノマトペ」の使い方を覚える
・キャラクターを作る
・ご当地キャラで物語を作ろう
第3回
「おもしろい話を作ろう!」
・ハリウッド式三幕構成を学ぶ
・目標/葛藤/乗り越え方を意識する
・ショートストーリーを書く
第4回
「あのヒーローのその後を書こう!」
・誤解を与える文を意識する
・人が興味を持つ文章を考える
・2次創作を知る
・おとぎ話の後日譚を書く
第5回
「サイエンスフィクションを書こう!」
・間違えやすい日本語を覚える
・物語の設定を考える(環境なのか人間なのか)
・「もし◯◯がXXだったら」を書く
第6回
就職試験の例、三題噺を書こう!」
・読みやすい文章を意識する
・三題噺の書き方を知る
・三題噺を書いてみる
第7回
「思ったことをおもしろく書こう!」
・後半のまとめ
・授業の感想を書く
第8回
「おもしろい文章を書こう!」
・就職試験のテーマを書く
・写真を見ておもしろい文を書く

購入が必要な教科書

教科書以外に準備するもの(画材・機材)

参考文献
「新しい文章力の教室」(唐木元/インプレス)
「ヒットを読む」(品田英雄/日経文庫)
※大学での教科書販売はありません。

教員より履修学生へメッセージ
文章を書くことが楽しくなる(苦にならなくなる)授業です。
人間は社会的生物です。人に喜んでもらえると自分も楽しくなります。楽しくポイントをつかんでください。
ほかの人と関わることが多い授業です。コミュニケーションを楽しみながら学んでください。
教員連絡先