シラバス情報

授業コード
12210001
講義名
色彩論 I
開講時期
2020年度3Q(後期)
科目分類
色の本質
科目分野
色が持っている性質
教員名
南雲 治嘉
実務家教員
色とイメージの関係。配色のプロセス
履修年次
1〜2
単位数
1.00単位
曜日時限
木曜5限

学習目標 (到達目標)
色を計画的(意図的)に使用できる。
・デザインにおける色の応用と戦略的な使い方ができる。
・色をイメージの表現として使用できる。
・デジタル色彩士検定3級合格程度のレベル到達。検定試験にもチャレンジし資格を取得する。
・デジタル色彩の国際標準化に合わせカラーイメージチャートが使える能力の修得を目指す。
授業概要 (教育目的)
色とは何かを知り、それを配色に応用する技術を習得する。あくまでも使うための配色の技法を習得する。 これまでの色材の3原色を基本とした色彩ではなく色光の3原色を基本とした先端色彩(デジタル色彩)の理論と応用を学ぶ。クリエイティブな世界では色彩配色は必須であることを認識する。
履修条件
履修条件緩和
成績評価方法・基準
出席率 70%、課題提出率 70%、FS提出率 70% 以上の者を評価する。

毎回提出される課題の採点による評価。成績評価は平均60点以上に対して単位を与える。課題は即日課題である。

※期末試験は行わない。
期末試験の内容
期末試験は実施しない。期末試験に該当するのが修了課題であるが、通常課題よりも得点が大きい。総合得点の平均点が評価となる。ただし評価点が基準点数よりも10%以内で下回っている者に対して追課題を課す場合がある。
課題の内容
課題は毎回のテーマに沿った演習を行うシートの制作になる。テーマに沿って制作するために条件が設定されている。その条件をクリアしなければならない。
時間内制作が基本であり、時間外なると原点が行われる。

授業内容
第1回
色の本質を解説する。色とは何かを科学的に知ることが、デザインの仕事を確実なものにする。
色は光であり電磁波であることがすべての原点となる。色が科学的なものであることを理解する。
第2回
色で何ができるか。色を使う目的をまず明快にする。ただきれいな配色をすればいいのではなく、目的に適した効果を発揮する配色を行うことが重要。
結局は人の心を動かすために色を使うことを理解する。
第3回
色が持っている性質。色の性質は電磁波から生まれてくる。電磁波の性質を知れば、色の本質を知ることにもなる。
この性質は色による配色効果に大きく影響する。
第4回
色とイメージの関係。色は脳の中でイメージを形成する。
配色によってどのようなイメージを脳に作らせるかデザイナーの仕事でもある。
第5回
イメージの力を検証する。人はイメージによって種々の判断を下している。
人の価値もイメージによって見定められている。イメージには価値がある。
キャラクターなどでは色が決定的な力を与える。色の力は大きい。
第6回
色には生理的な効果がある。デジタル色彩では、この生理作用を応用して配色を行う。
この色彩による作用を色彩生理と呼んでいる。色彩生理がすでに世界中で応用さている状況を認識する。
第7回
色の感じ方を。色は人それぞれ感じ方が異なる。それを感覚という。
一見色の感覚は同じもののように受け取られるが、実際には感覚を配色に反映できない。
しかし、心理としてではなく性格の傾向としてみることができる。
第8回
色の感じ方とイメージの関係を検証する。この関係はイメージを色によって表現するための基本である。
カラーイメージチャートを参考に多くの状態のイメージを色によって表現する。

購入が必要な教科書
書名
デジタル色彩デザイン
著者
南雲治嘉
出版社
グラフィック社
ISBN
978-4-7661-2991-5
備考
1800円(税別)
書名
新版カラーイメージチャート
著者
南雲治嘉
出版社
グラフィック社
ISBN
978-4-7661-2882-6
備考
1500円(税別)

教科書以外に準備するもの(画材・機材)
・デジタルハリウッド大学専用色揃え色鉛筆「カリスマカラー」36色+ブレンダー1本+特製削り器1個 5100円(税込み)
・配色用カラーチップ「カラーインデックス」1冊 550円(税込み)
これらは最初の授業で販売されるので、現金を用意してくること。※今年度は、販売方法を検討中。

参考文献
※大学での教科書販売はありません。

教員より履修学生へメッセージ
色彩論は他の教育機関では得られないレベルの高い色彩システムを習得する。
1月に行われるデジタル色彩士検定試験を原則受験すること。この検定は就職の資格として有効。目標としてもメリットが大きい。
検定試験のの受験準備としての演習も行う。
教員連絡先
南雲への連絡は nagumo@dhw.ac.jp  にメールしてほしい。