シラバス情報

授業コード
15210001
講義名
アニメ制作概論
開講時期
2020年度4Q(後期)
科目分類
基礎
科目分野
概論
教員名
村田 充範、高橋 光輝
実務家教員
履修年次
2〜3
単位数
1.00単位
曜日時限
月曜3限

学習目標 (到達目標)
アニメーション制作のワークフローと各工程の役割と重要性を知る。また、デジタルの導入による分業システムのノンリニア化がもたらす生産性の向上、あるいは問題点、あらたに加わったCGパートとの連携についても理解を深める。その上でアニメ業界の職種や企業など業界分析を毎回ゲストを招きながら講義する。将来、2Dでも3Dでも、制作進行でもアニメーション業界の仕事をしたい人は必見です。
授業概要 (教育目的)
アニメーション制作は分業化によって量産化を成功させた。アメリカで生み出されたシステムは巨大産業へと成長したが、制作規模の違う我が国では、こうしたシステムを取り入れつつ身の丈にあった日本独自の業態とコミュニティーを形成、発展してきた。こうしたバックボーンを踏まえ制作フローを知ることで、アニメ制作の仕組みと成り立ちを理解する。
そして、日本におけるアニメ会社と職業の理解を深め、学生自身のキャリア形成で必要な知識とネットワークを構築する。
履修条件
履修条件緩和
成績評価方法・基準
単位付与条件として、下記をあげる。
※以下を全て満たさなければ単位は付与しないので、注意する事。
 
1、出席率 70%以上
2、課題の提出
※課題未提出の場合は、単位が出ません。
期末試験の内容
試験
ノート、プリント、持ち込み可
課題の内容

授業内容
第1回
製作工程における原画/動画の違いと役割、その重要性、デジタル化に向けての考察、制作フロー
第2回
動画制作
アニメーターとはどのような仕事か。
第3回
動画制作
アニメにおける3DCGデザイナーとはどのような仕事か。
第4回
制作進行 スケジュール管理
制作進行とはどのような仕事か。
第5回
企画開発、プロデュース
企画開発とプロデュースとはどのような仕事か。
第6回
デジタル制作
デジタル作画とはどのような仕事か。
第7回
版権ビジネス
絵を描かないアニメの仕事とはどのような仕事か。
第8回
試験と振り返り

購入が必要な教科書
書名
著者
出版社
ISBN
備考
アニメ学
高橋 光輝,津堅 信之
NTT出版
10: 4757142706

教科書以外に準備するもの(画材・機材)

参考文献
※大学での教科書販売はありません。

教員より履修学生へメッセージ
本授業は、アニメーション制作に携わっておく場合に重要な内容が多分に含まれています。また、アニメの会社の方々をゲストとしてお呼びするので将来の就職という観点でも非常に参考になる話が多いです。
その上で、ただ聞いているだけでは単位の取得はできません。自ら積極的に教員やゲストの話をメモしながらしっかりと聞き、必ず課題を提出して、試験を受験し所定の点数を取らなければ難しいです。
一方で、しっかりとこれらを守っていていれば単位が取れる授業です。ですので、受講意欲の高く、熱意のある学生を求めます。意欲のない学生は履修を勧めません。
ゲストの都合により授業の順番が変わる場合があります。
教員連絡先