シラバス情報

授業コード
15310001
講義名
アニメプロデュース
開講時期
2020年度1Q(前期)
科目分類
基礎
科目分野
概論
教員名
諏訪 道彦
実務家教員
実務家教員
履修年次
2〜3
単位数
1.00単位
曜日時限
金曜2限

学習目標 (到達目標)
将来的にメディアやコンテンツの領域目指す学生を前提に、TVや劇場のアニメ作品がどのように制作され拡散していくのかをリアルに理解して、自分の企画制作に置き換える。
授業概要 (教育目的)
日本代表する文化と言われ、ジャパニメーションなる造語もある日本のアニメ。ただ視聴者として触れているTVアニメの現状を知りながら、内包するビジネス要素を意識的に紐解き、アニメビジネスの基本的な仕組みとアニメ制作におけるプロデューサーの役割と行為を定式化し、習得する。
履修条件
履修条件緩和
成績評価方法・基準
最終課題 コンテンツ企画(アニメ・ドラマ・舞台・展示会などジャンルは問わず、多くの人たちに見せる前提の企画)の提出と発表を評価する。

その上で単位付与条件として、下記をあげる。

※以下を全て満たさなければ【単位は付与しない】ので、注意する事。

 

1、出席率 70%以上

2、FS回答率 70%以上

3、最終課題(コンテンツ企画)の提出
期末試験の内容
コンテンツ企画の提出と発表
課題の内容

授業内容
第1回
アニメの放送や上映、現在環境
第2回
企画の考え方とアイディアの練り方。多くの情報や作品のどこに目をつけていけば良いのか。
第3回
脚本に対して最適なアプローチ、脚本家との対話方法など。
第4回
視聴率や興行成績の変動、制作会社選定など。
第5回
声優のキャスティングや音楽選び、音響監督の役割など。
第6回
時代にマッチした企画、その広げ方とは。
第7回
海外ビジネスや配信ビジネスの実態
第8回
今の時代にどんなものをリリースしたいか、議論しあう。

購入が必要な教科書

教科書以外に準備するもの(画材・機材)

参考文献
※大学での教科書販売はありません。

教員より履修学生へメッセージ
教員連絡先