シラバス情報

授業コード
16410001
講義名
Webアナリティクス概論
開講時期
2020年度4Q(後期)
科目分類
基礎
科目分野
概論
教員名
伊藤 要介
実務家教員
実務家教員
履修年次
2〜3
単位数
1.00単位
曜日時限
木曜2限

学習目標 (到達目標)
本科目ではウェブビジネスの理解や改善を「データ」を使って行えるようになる事を目指します。直接的にでも間接的でにもウェブビジネスに関わる場合は重要なスキルになりますので、自身で実行出来るようになることを目標とします。
授業概要 (教育目的)
WebサイトやWebサービスの構築だけでなく、IoTをはじめWebブラウザを介さないサービスも増えています。
加えて人工知能の世界でも、深層学習や機械学習において、データを用いてより良い社会が創造されている昨今、”データ”自体が事業創造や事業継続と密接な関係となっています。

本講義では、Webアクセス解析”ツール”の使い方に特化せず、”データ”によって何ができるのかに主眼を置き、昨今の”データ”やWebアクセス解析の基礎から、実データによる応用、さらに”データ”を用いた事業にかかわる話から、目的の整理と手段を活用できるようになりましょう。
履修条件
履修条件緩和
成績評価方法・基準
出席率70%以上を評価の対象とする。授業内でのワークへの取り組み+FS(3割)・最終課題(7割)で評価を行ないます。

授業では個人、あるいは複数名でのワークを行うこともあります。正解であること(のみ)が重要ではなく積極的な参加・質疑応答を中心に評価を行います。最終課題はレポート提出とします。
出席率を満たした上で、授業への積極性と最終課題の点数をもって評価とします。
期末試験の内容
授業内で最終試験に関する課題を発表し、ファイルの送付での提出とする。

第8回の授業終了後2週間以内を目処に提出とする(締切日は別途提示)
課題の内容

授業内容
第1回
・Webマーケティングのおさらい
・Webの仕組みのおさらい
・Webアクセス解析で取得できる情報とは?
第2回
・ログ型アクセス解析
・タグ型アクセス解析
・パケットキャプチャ型アクセス解析
第3回
・目的に合ったデータとは
第4回
・情報サイトのGAを見てみよう
・データの項目/挙動/特性に触れてみよう
・データを用いて考察してみよう
第5回
・スマホアプリのGAを見てみよう
・データの項目/挙動/特性に触れてみよう
・データを用いて考察してみよう
第6回
自サイトもしくは解析ツールで取得できているデータからわかること
テレビやWebマーケットのデータなど
第7回
ユーザ体験設計や情報設計を行うに当たって、データはどのような役割を担っているのか
第8回
Webサービス提供者としてデータと密接に関わってきた方が語る、実務としてデータを扱うに当たって大切なこととは

購入が必要な教科書

教科書以外に準備するもの(画材・機材)

参考文献
※大学での教科書販売はありません。

教員より履修学生へメッセージ
教員連絡先
yosuke_ito@dhw.ac.jp