シラバス情報

授業コード
28210001
講義名
広告論
開講時期
2020年度2Q(前期)
科目分類
応用
科目分野
教員名
黒田 明彦
実務家教員
実務家教員
履修年次
2〜4
単位数
1.00単位
曜日時限
月曜2限

学習目標 (到達目標)
基礎的な概念やフレームを習得すること。概念やフレームを用いて、現象に対して問いを立て、説明する力をつける。
授業概要 (教育目的)
広告とは何か、そしてその意義と影響について学ぶと同時に、マーケティングやメディアについての変遷を理解する。
履修条件
履修条件緩和
成績評価方法・基準
授業への参加80%、期末試験(レポート)20%
期末試験の内容
●期末試験:レポート、A4 2枚程度(MS word)デジキャンで提出
●課題内容:好きな企業・団体を一つ選び、その企業・団体が行っている
広告キャンペーンを記載し、その広告戦略を分析してください。
課題の内容

授業内容
第1回
8回の授業の進め方等に触れ、広告とは何かを概観する
第2回
広告業界の仕事の進め方、オリエンとプレゼン、広告企画の概要を学ぶ
第3回
マーケティングの基本を学習しながら、マーケティングにおける広告の役割を学ぶ
第4回
マーケティングの基本を学習しながら、マーケティングにおける広告の役割を学ぶ
第5回
伝統的なマス4媒体と近年のデジタルメディアについて、その役割と広告事例を学ぶ
第6回
ブランディングにおける広告の役割を考えながらブランドマネジメントを学ぶ
第7回
近年、炎上やクレームなど批判を浴びた広告について学ぶ
第8回
広告とPRの垣根がなくなり、戦略的PRが求められている。統合型プロモーションの基本について学ぶ

購入が必要な教科書

教科書以外に準備するもの(画材・機材)
講義の様子を見て判断します。

参考文献
講義の様子を見て判断します。
※大学での教科書販売はありません。

教員より履修学生へメッセージ
広告、宣伝、プロモーションに興味のある方は、是非積極的に履修してください。
教員連絡先
a.kuroda@dhw.ac.jp