シラバス情報

授業コード
32110001
講義名
立体造形 I
開講時期
2020年度3Q(後期)
科目分類
演習
科目分野
グラフィック
教員名
南雲 治嘉
実務家教員
実務家教員
履修年次
1〜2
単位数
2.00単位
曜日時限
金曜3限、金曜4限

学習目標 (到達目標)
クリエイティブな仕事を展開するための3Dの感覚を習得する。
・頭の中に描かれるイメージを手で作り出す。
・立体造形により美的な感覚を養える。
・その形態に含まれている美的効果を引き出せる。
・立体を平面に置き換える感覚を習得できる。
・空間に対する感覚が増大する。
授業概要 (教育目的)
造形的な体験により、立体が持つ形の美に対する審美眼を養う。
頭に浮かぶ立体(3D)を平面に置き換えたとき、自然な形で表現できる能力を身に付ける。
造形的ものへの興味を高め、新しい形、人に優しい形、普遍的な形などを制作できるようにする。特に3DCGや空間演出を目指す人のための能力を養成する。
履修条件
履修条件緩和
成績評価方法・基準
成績評価方法・基準 : 出席率 70%、課題提出率 70%、FS提出率 70% 以上の者が評価条件。

毎回提出される課題の採点による評価。成績評価は平均60点以上に対して単位を与える。

※期末試験は行わない。
期末試験の内容
期末試験は実施しない。問題がある場合には個別に対応※する。

※提出作品により成績を決めるが不合格者で合格点数の90パーセント以内の者については追課題を出題することがある。
課題の内容

授業内容
第1回
3Dの時代 人は空間に生きていることの意味や見ると知るの区別を付ける。立体(手)のスケッチ。
第2回
流れるフォルム 立つことの意味 曲線美
第3回
線が作るボリューム 線と回転 線が描く美
第4回
線が作る面 透ける空間 線が作る曲線
第5回
素材の持つ性質の影響 切り込みと組み立て
第6回
ポップアップの効果 飛び出す絵本
第7回
容器(パッケージデザイン) 面が作る空間
第8回
エンポシング 凹凸の効果 紙という素材

購入が必要な教科書

教科書以外に準備するもの(画材・機材)
ラフスケッチを起こすために色鉛筆(24色以上)を使用する

参考文献
必要な資料は配付する。
※大学での教科書販売はありません。

教員より履修学生へメッセージ
教員連絡先