シラバス情報

授業コード
32220001
講義名
デザインベーシック II
開講時期
2020年度4Q(後期)
科目分類
演習
科目分野
グラフィック
教員名
HAL_
実務家教員
実務家教員
履修年次
1〜2
単位数
2.00単位
曜日時限
月曜5限、月曜6限

学習目標 (到達目標)
デザインベーシック1で学んだ基礎力を元に、自分の感覚や感情を表現出来るようにします。 現代は、どこに向かっていけば良いのかわからない時代です。周りを見渡しても、課題が何なのかすら見えてこないという状況。自分の中から課題を見つけなければ世界も自分自身も何も変わりません。一般的な常識を逸脱し、あり得ない物を作り出す事で自分にとって大切な新しい世界に踏み出しましょう。
授業概要 (教育目的)
自分の感覚を再発見する(色彩を使い感覚を養います )
履修条件
履修条件緩和
成績評価方法・基準
出席率70%以上、課題評価(表現性、完成度)80%+実行スキル(リサーチ、進行管理、プレゼンテーション)20%


紙と画材は必須です。各自制作する素材が無ければ授業は成立しません。必要な物は忘れずに持ってくること。【忘れた場合は帰ってもらいます!】

絵の具、筆、クレヨン、雑誌など様々な素材を用意する必要があります。また、教室を汚さない工夫を各自考えて下さい。
期末試験の内容
試験はありません。
クロッキーノートにまとめた成果物と最終課題。
課題の内容

授業内容
第1回
グループ毎にテーマを決め、大きな作品を創造する。
第2回
雑誌、新聞、など文字や写真が印刷された紙と糊が必須。様々なアナログ画材の表現手法を学びます。
第3回
水彩絵の具やアクリル絵の具、画用紙を必須とします。描かずに描き、感覚表現と知覚表現をします。
印刷物、色紙、トレーシングペーパ、等様々な素材を使い、重なり合う素材がそれぞれに影響し合う様子をまなぶ。
ファインドマップの制作
第4回
今まで覚えた技法を使い、感情を表現する(喜怒哀楽)
第5回
今まで覚えた原則を破り、考えながら感覚的な抽象的イメージ表現をする。
ファインドマップ制作→表現
第6回
今までの全ての作品をクロッキーノートにまとめ提出する準備をします。
エスキースを提出する。
第7回
今まで覚えた技法を使い、頭で考えずに感覚的、直感的にイメージ表現をします。
第8回
発表プレゼンテーション。作品全体講評。

購入が必要な教科書

教科書以外に準備するもの(画材・機材)
アイデアスケッチの教科書 (NextPublishing) オンデマンド or ペーパーバック。
クロッキー帳、鉛筆、カッターナイフ1本、ねりけしゴム1個、その他制作に応じた素材が必要です。
クロッキー帳はマルマン SMサイズ 鉛筆(三菱Hi-uni推奨 (6B・4B・2B・B・HB・H・2H・4H)×1本 カッターナイフはダイヤルロックがある物を推奨します

参考文献
※大学での教科書販売はありません。

教員より履修学生へメッセージ
絵の具、筆、クレヨン、雑誌など様々な素材を用意する必要があります。また、教室を汚さない工夫を各自考えて下さい。
教員連絡先