シラバス情報

授業コード
32530001
講義名
表現演習応用 I
開講時期
2020年度1Q(前期)
科目分類
演習
科目分野
グラフィック
教員名
南雲 治嘉
実務家教員
実務家教員
履修年次
3〜4
単位数
2.00単位
曜日時限
水曜5限、水曜6限

学習目標 (到達目標)
各種専門表現手法の修得を目指す。
表現演習ⅠⅡで行った表現体験を元に専門領域の表現技術を学ぶ。
自分が目指す専門領域の絞り込みと、最終的にプロとしても通じる表現力を身に付けることを学習目標とする。
領域は、アーチスト、イラストレーター、漫画家、キャラクターデザイナー、挿絵画家などを目指す人のための高度な教科である。
授業概要 (教育目的)
表現演習で行った表現体験(画材体験)をさらに発展させる。
自分のやりたいジャンルを決め、テーマを設定し、企画から制作までを行う。
1Qで2作品の制作を目指す。
これらの作品はジャンルごとに異なるため、全員が同じテーマで課題を行うことはない。
ある意味卒制のミニ版のような形式で制作指導を行う。
一人一人の個性が基本となるので、自主性と積極性が授業を支える。
プロとして活躍できる基礎を作る。
履修条件
表現演習ⅠおよびⅡの単位修得
履修条件緩和
課題による緩和あり
成績評価方法・基準
・出席率70%以上、FS提出率70%以上で成績評価を行う。
・提出作品と途中チェックで点数を付ける。
・絶対提出の指定がある課題に対して、時期遅れ、未提出の場合はその時点で成績を不可とする。
期末試験の内容
期末試験は実施しない。問題がある場合には個別に対応※する。
1Q2Qの終わりにそれまでに制作した作品のプレゼンと提出をする。
※提出作品により成績を決めるが不合格者で合格点数の90バーセント以内の者については追課題を出題することがある。
課題の内容
自分のテーマに基づく作品を制作する。

授業内容
第1回
[制作企画1]
1.表現ジャンルを決定する。
2.テーマを決める。
3.作品ボリュームを決める。
4.スケジュールアを組む。
5.アイディアだし
6.ラフ起こし
第2回
ラフと下描き
第3回
本制作
第4回
本制作
第5回
本制作
第6回
本制作
第7回
本制作
第8回
本制作仕上げとプレゼン
作品の提出
第9回
[制作企画2]
1.表現ジャンルを決定する。
2.テーマを決める。
3.作品ボリュームを決める。
4.スケジュールアを組む。
5.アイディアだし
6.ラフ起こし
第10回
本制作
第11回
本制作
第12回
本制作
第13回
本制作
第14回
本制作
第15回
本制作
第16回
本制作仕上げとプレゼン
作品の提出

購入が必要な教科書

教科書以外に準備するもの(画材・機材)

参考文献
参考資料としてキャラクターの描き方が掲載されている雑誌を配布する。
※大学での教科書販売はありません。

教員より履修学生へメッセージ
教室での制作が中心となるので、自分が使用する道具や画材を持参すること。
自宅での制作も行うことによってクォリティの高い作品にすること。
教員連絡先
nagumo@dhw.ac.jp