シラバス情報

授業コード
32710001
講義名
グラフィックデザイン I
開講時期
2020年度3Q(後期)
科目分類
演習
科目分野
グラフィック
教員名
藤巻 英司
実務家教員
実務家教員
履修年次
1〜2
単位数
2.00単位
曜日時限
水曜3限、水曜4限

学習目標 (到達目標)
・基礎デザイン:イメージのグラフィック化
・伝達系・広告系領域における、グラフィックデザインの表現技術の修得(印刷メディア)
・しっかりしたコンセプトと構築されたデザイン
・計画性のある制作進行と完成度の高い作品作り
授業概要 (教育目的)
・グラフィカルイメージ、文字、色彩等の要素を用いたコミュニケーション表現スキルを身につける
・方向性を決めるまで、数多くのアイデアを出すことを習慣化
・試す→選択を繰り返し、期限内に最適な形に創り上げる力を養う

1. この授業を通じて習得するキーワード
アイデア ディベロップメント
デザインプロセス
タイポグラフィー
情報の整理と差別化
グラフィカル表現
プレゼンテーション
スケジュール管理

2. この授業を通じて磨かれるスキルとそのレベル
リサーチ力       中級
アイデア/コンセプトメーク  中級
デザイン表現力     中級
問題解決力       中級
制作進行管理力     中級
プレゼンテーション力  中級
履修条件
①タイポグラフィⅠおよびⅡ
②デザインベーシックⅠおよびⅡ

上記①または②の単位修得
履修条件緩和
課題による緩和あり
成績評価方法・基準
課題90%(発想、表現性、完成度等)、実行スキル10%(リサーチ、進行管理、プレゼンテーション等)
期末試験の内容
・試験方法:課題ごとに提出
・実施日:第8回目に未提出分も含め全課題提出
課題の内容

授業内容
第1回
課題1:コンポジション

空間構成の演習
サムネール、デザイン開始
第2回
課題1:コンポジション

デザインチェック、進行
第3回
課題1:作品の発表と講評
第4回
課題2:対比のグラフィック表現

対義語のグラフィック表現
サムネール
第5回
課題2:対比のグラフィック表現

サムネールチェック
デザイン進行
第6回
課題2:対比のグラフィック表現

デザインチェック、進行
第7回
課外授業
第8回
課題2:作品の発表と講評

購入が必要な教科書
書名
著者
出版社
ISBN
備考
タイプフェイスとタイポグラフィ〔改訂版〕
白石和也,工藤剛,河地知木
九州大学出版会
978-4-87378-829-6

教科書以外に準備するもの(画材・機材)
【必携画材】
・マルマン クロッキーブックMもしくはL(白クロッキー紙)
・HB鉛筆もしくはシャープペン
・消しゴム
・色鉛筆
・はさみ
・カッターナイフ
・カッティングボード

参考文献
※大学での教科書販売はありません。

教員より履修学生へメッセージ
【注意事項】
・グラフィックデザインIとIIのセット履修です。両方の履修者のみ単位を習得できます。片方だけの履修はできません。

【履修条件】
1.Illustrator、Photoshopを使えること
2.タイポグラフィI ,II、もしくはデザインベーシックI, IIの単位を取得していること。
3.またはグラフィックデザインの基礎を勉強したことがあり、最初の授業で作品を数点持参できる人。

※2に当てはまる学生は、指定日時までに、指定のフォームから申請してください。

《授業について》
制作プロセスを重視するので、宿題や段階的チェックを怠ると不可になります

《留学生について》
N2レベル以上
日本語での日常会話と基本的な読み書きができ、課題を理解する能力があること
日本語でプレゼンテーションが出来るレベルにあること
教員連絡先
fujimaki@dhw.ac.jp