シラバス情報

授業コード
33210001
講義名
ストーリー創作演習A
開講時期
2020年度3Q(後期)
科目分類
演習
科目分野
映像
教員名
篠原 髙志
実務家教員
実務家教員
履修年次
1〜2
単位数
2.00単位
曜日時限
金曜3限、金曜4限

学習目標 (到達目標)
この科目の学習目標(到達目標)は下記です。
シナリオでも小説でも、その核たるプロットは重要です。この科目は「キャラクター」、「構成」、「材料」、「舞台」、「テーマ」等について学び、ドラマ、小説等に応用出来る面白いショートストーリーを書く力を付けるようにするのが目標です。オリジナルの物語を考えて短いプロットを作成、ショートストーリーにしていきます。

授業形式
 講義、作品鑑賞、グループディスカッション、ロールプレーイング等を組み込んだワークショップ形式。課題提出や発表も随時、行います。

授業概要 (教育目的)
授業内容(教育目標)
・シナリオ、小説等を作るための発想や構成の仕方を学び、その元であるプロット→ショートストーリーを作成できるようになる。
・「キャラクター」「構成」「材料」「テーマ」「ジャンル」等とその発想法を学び、幅広くオリジナルの物語を創造出来るようになる。
・プロの小説家、脚本家、監督、漫画原作者等の表現者志望だけでなく、幅広く創作シーンに役立てられると考えます。

授業内容(スキルとそのレベル)
企画立案      初級
キャラクター制作  初級
プロット執筆    初級
ストーリー制作   初級

履修条件
履修条件緩和
成績評価方法・基準
成績評価・基準   授業点50%
授業での発表、提出物の内容、授業態度等を考慮して採点 

課題点 50%
提出された作品を採点
期末試験の内容
なし
課題の内容
期末には大学のある「御茶ノ水周辺」を舞台にした10枚〜15枚のショートストーリーを提出していただきます。

授業内容
第1回
第一回 面白い物語とは
自己紹介をかねて今までで一番好きな作品(ドラマ・映画・小説・アニメ等)とその理由。何故、面白かったのかの探求。物語創作への興味。




第2回
第二回  ジャンルとアイディア、物語のパターン(種類)
 ドラマ・映画・小説等には多様なジャンルがある。その説明と、物語のパターンについて。

第3回
第三回 テーマ、行動、登場人物(基礎)
 テーマと行動、登場人物(性別・職業他)について考えてみる。物語の基本は主人公(登場人物)の行動で表現する。会話はあくまで補助と考えてみる。
第4回
第四回  舞台・時代背景・職業
 ジャンルから一歩踏み込んで舞台や時代背景、職業等にはどんなものが考えられるか討論する。

次週までショートプロット(3枚)の課題を出します。
※ただし、以降の課題のプロット、ショートストーリーは基本、大学のある御茶ノ水を中心に、秋葉原、神田・神保町・本郷周辺とする。(時代は未来、時代物、内容はSFや時代劇と何でも可能)

第5回
第五回  ショートプロット
 第四回までを踏まえて主人公の行動に絞った5行程度のショートプロットを事前に作成してきて、生徒同士で合評(講評)する。他人の作品を講評する事で、執筆者のみならず、自分も自分の欠点・利点・発想の可能性を得る。また、自分の作品を声に出して読む事で、作品を別の方法でチェックする。

※以後の回ではこのショートプロットを核にして、肉付けしていくのを基本としますが、
六回目以降の講座を聴講する事等により、新たな想像・創造・発想が生まれた場合、上記ショートプロットにとらわれることなく白紙から書き直して構いません)
第6回
第六回 キャラクターの作り方とは
「構成」と「登場人物」という両輪。多様なキャラクターを考える事、キャラクターの履歴書を書く実習、キャラクターの膨らませ方。



第7回
第七回 物語の構成
物語の基本である展開の仕方(「状況設定」・「葛藤、発展」・「解決」)。二つのプロットポイント。
それを展開させる方法。事件、障害、対立等。

ここまでの講義を踏まえて期末課題「御茶ノ水付近を舞台にしたショートストーリー(10枚〜15枚)」に取り組んでください。
第8回
第八回 表現手段(利点と欠点)、新人賞の傾向と対策
小説と脚本どの表現方法が自分が表現したいものに向いているか。新人賞の傾向についても触れます。また、課題についてのみならず、総括として質問も受け付けます。


購入が必要な教科書

教科書以外に準備するもの(画材・機材)
ありません。資料か必要な時はその都度講師が配布します。
この科目は演習作業中心なので、筆記用具、パソコンは必ず持ってきてください。


参考文献
参考文献
物語の法則・クリストファーボグラー、ディビット・マッケナ(KADOKAWA)
シナリオ入門・別冊宝島144(宝島社)
シナリオの基礎技術 新井一 (ダヴィッド社)
「物語」の作り方 7つのレッスン 円山夢久 (雷鳥社)
「物語」の組み立て方入門 5つのテンプレート 円山夢久(雷鳥社)
「物語」のつくり方入門 7つのレッスン 円山夢久(雷鳥社)
複眼の映像 橋本忍(文春文庫)
※大学での教科書販売はありません。

教員より履修学生へメッセージ
・生徒の皆様の年齢、一人一人の人生経験では、ストーリーを創造しようにも限界があります。グループディスカッション等、同じクラスの仲間たちの知恵も合わせ、「気づき」の場を多く作っていきたいと考えます。よって、基本、対面で行う方針です。(大学、コロナの状況で変わるかも知れません)
・講座と並行にとにかく多くの名作と言われる映像作品を見、小説を読んでください。
・これはシナリオ学校でも小説教室でもありません。ショートストーリーを創作していく事で創造力・想像力の基本を身に付けるのが目的です。つまり、テクニックも教えますが、創造・想像手法を優先します。
・縁あって御茶ノ水という町の大学に集まったのですから、お茶の水やその周辺を舞台にしてストーリー創作をしてみましょう。近未来でも、時代劇でも、パラレルワールドでも構いません。

教員連絡先
教員連絡先

takashi_shinohara@dhw.ac.jp