シラバス情報

授業コード
33240001
講義名
ストーリー創作演習D
開講時期
2020年度2Q(前期)
科目分類
演習
科目分野
映像
教員名
西井 史子
実務家教員
実務家教員
履修年次
2〜3
単位数
2.00単位
曜日時限
水曜3限、水曜4限

学習目標 (到達目標)
ストーリー創作演習A/B/C/D について

担当教員それぞれ別内容(別シラバス)となりますので自身が目指したい、学びたい映像制作のジャンル/方向性から履修クラスを決めてください。履修は、A〜Dどこからでも履修することができます。

この科目の学習目標(到達目標)は下記です。
短篇小説(ショートショート)を完成させるためのクラスです。
コンクール出品のための作品を書き上げます。
授業概要 (教育目的)
既存の物語を分析することでストーリー理論を理解し、オリジナル物語の創作に応用できるようになる。

物語創作のスキルはプロの小説家、脚本家、監督などの表現者を目指すためだけでなく、友人関係や恋愛、ビジネスシーンにおけるコミュニケーションに活かせると考えます。
履修条件
履修条件緩和
事務局を通して、個別に相談してください。
成績評価方法・基準
授業点 50%  
授業での発表や提出物の内容、取り組み姿勢などを考慮して採点

課題点 50%  
提出されたオリジナル作品を採点
期末試験の内容
筆記試験は行いません。
課題の内容
オリジナルの短編小説(ショートショート)を評価。
提出日、提出方法は後日決定。

授業内容
第1回
物語の元型  「おもしろさ」につながる深層心理の研究
第2回
ヒロインの物語   主人公が自己実現を果たす物語の構造
第3回
ヒーローの物語   主人公が試練に立ち向かう物語の構造
第4回
物語の構成   ハリウッド式三幕構成を小説に活かす方法
第5回
物語の舞台  主人公をめぐる環境(時代、場所、社会)の設定
第6回
コンクール対策①   ライトノベル、ファンタジー、SFについて
第7回
コンクール対策②   歴史もの、ミステリー、ホラーについて
第8回
短編小説執筆準備   創作のプロセスを徹底攻略

購入が必要な教科書

教科書以外に準備するもの(画材・機材)
授業内で執筆していただく事もありますので、筆記用具(PC、ノート&ペンなど)は必ず持参してください。

参考文献
「新しい主人公の作り方」キム・ハドソン/フィルムアート社
「物語の法則」 クリストファー・ボグラー&デイビット・マッケナ/KADOKAWA
「小説新人賞の傾向と対策」 若桜木虔/雷鳥社
「ハリウッド脚本術」 ニール・D・ヒックス/フィルムアート社
「ハリウッド脚本術2」 ニール・D・ヒックス/フィルムアート社
「アカデミー賞を獲る脚本術」リンダ・シーガー/フィルムアート社
「映画ライターズ・ロードマップ」ウェンデル・ウェルマン/フィルムアート社
「小説・シナリオ二刀流 奥義」柏田道夫/言視社
※大学での教科書販売はありません。

教員より履修学生へメッセージ
・ストーリー分析、作品鑑賞、グループディスカッション、ロールプレイングなどを組み入れたワークショップ形式です。
・課題提出や発表も随時行います。授業時間内で執筆していただく事もあります。
・完成した短篇小説は各コンクールに出品することを推奨します。
・本授業においては生徒1人1人が「作家」です。
教員連絡先
事務局を通して、電話かメールで連絡してもらえると助かります。