シラバス情報

授業コード
34130001
講義名
VFX演習 III
開講時期
2020年度1Q(前期)
科目分類
演習
科目分野
CG
教員名
小倉 以索
実務家教員
履修年次
2〜3
単位数
2.00単位
曜日時限
木曜3限、木曜4限

学習目標 (到達目標)
VFXのクオリティーを上げるのが、本授業の到達目標である。具体的には、VFX2で行ったモデリングの基礎と質感の基礎を理解した上で、さらに写実的な表現をするための質感設定、UV展開、ライティング、レンダリング手法を学習することで、より高度な実写合成を行う。また、VFX2では静止画としての簡易的な実写合成出会ったが、今回のVFX3では動画の実写合成を行う。なお、Blender(無料ソフト)を各自のノートPCにインストールをし、カメラマッチムーブも行う予定である。
授業概要 (教育目的)
Maya2018、Photoshop、AfterEffects、Blender(予定)を使っての実写合成手法を学習する。
履修条件
VFX演習ⅠおよびⅡの単位修得
履修条件緩和
課題による緩和あり
成績評価方法・基準
最終課題7割
授業態度3割
で成績をつける。
期末試験の内容
授業最終回に最終課題を提出し、発表(筆記試験は行わない)。
課題の内容

授業内容
第1回
Rendering(復習)
・レンダリングまでの手順
・質感設定
・ライティング
・レンダリング
第2回
マッピング
・UV展開
・テクスチャーの作成(画像の修正、PaintEffetcの使用)
第3回
ArnoldRendering
・ライティング
・レンダリング
第4回
Arnold
・マテリアル
・360度レンダリング
・カーブレンダリング
・画質の向上など
第5回
合成
・AOVを使った要素別レンダリング
・Render Setupを使った素材別レンダリング
・Aeを使った合成
第6回
アニメーション基礎
・キーフレームアニメーション
・カメラアニメーション
・アニメーションのレンダリング
・Aeを使った合成
・Blenderを使ったカメラマッチムーブと合成テスト
第7回
課題演習時間
・実写動画を各自で撮影し、それに自分の作った3DCGモデルを合成して、映像として完成させるのが最終課題である。
第8回
課題発表

購入が必要な教科書

教科書以外に準備するもの(画材・機材)

参考文献
※大学での教科書販売はありません。

教員より履修学生へメッセージ
【展示対象科目】
本科目は展示対象科目のため授業課題や制作物を来年度8月実施の『初展』にて展示します。
『初展』の概要ついては、別途デジキャンで配信されているお知らせを確認してください。
教員連絡先