シラバス情報

授業コード
51610001
講義名
数学探訪
開講時期
2020年度1Q(前期)
科目分類
教養
科目分野
基盤
教員名
酒井 明彦
実務家教員
実務家教員
履修年次
2〜3
単位数
1.00単位
曜日時限
金曜6限

学習目標 (到達目標)
人類が数の概念を獲得・拡張してきた歴史を学習し、その意義に習熟する。
授業概要 (教育目的)
自然数、整数、実数、複素数など、人類が数の概念を拡張してきた必要性を理解してもらう。
履修条件
履修条件緩和
成績評価方法・基準
受講態度 40%
レポート 60%
期末試験の内容
事前に指定したテーマについてのレポートを、最終講義日までに作成し、提出してもらいます。
課題の内容

授業内容
第1回
歴史に沿った数学の使われ方の紹介、古代の数え方から生まれた自然数と数の体系の紹介
第2回
数の表現としての数直線と素数の性質の紹介
第3回
自然数の体系の拡張である実数を紹介、実数のうちの無理数、超越数の特徴の紹介
第4回
虚数の実用性、複素数の体系、数の体系のさらなる拡張の紹介
第5回
集合論と、その要素の数が無限であるときの性質の紹介
第6回
ユークリッド幾何学と違う新しい幾何学の紹介
第7回
微積分法の誕生から実用までを紹介。
第8回
音楽や絵画、デザインなどに使われている数学を紹介
後半ではレポートを完成して提出してもらう。

購入が必要な教科書

教科書以外に準備するもの(画材・機材)

参考文献
ビッグクエスチョンズ 数学 トニー・クリリー 著 熊谷 玲美 訳 Discover
※大学での教科書販売はありません。

教員より履修学生へメッセージ
教員連絡先