シラバス情報

授業コード
52110001
講義名
音楽理論
開講時期
2020年度2Q(前期)
科目分類
教養
科目分野
知の源泉/表現
教員名
愛澤 伯友
実務家教員
実務家教員
履修年次
2〜4
単位数
1.00単位
曜日時限
土曜2限

学習目標 (到達目標)
どの時代にも音楽は存在しています。そうした音楽を読み解くためには音楽上のさまざまな「ルール」を知る必要があります。そのため授業ではまず音楽のルールを学習します。こうして得た西洋音楽の知識をもとに、さまざまな時代・地域・ジャンルの音楽を理解することが目標です。この授業を通じて「西洋」と言う概念を知り、音楽だけではなく、美術、映像などでも、正しい視点を持つことを目標にしています。
授業概要 (教育目的)
私たちが日常使う「音楽」という言葉は「西洋音楽」を指しています。このため音楽の理解には「西洋」というものを深く知る必要があります。社会、文化、歴史、宗教、日常生活、言語など、東洋人の私たちが経験のない事柄の上になりたっているので、講義の中では、こうした土壌とその上に成り立つ音楽について学びます。授業内では視覚教材を多用し、音に触れてもらいます。また、教材としてプリントを配布します。
履修条件
履修条件緩和
成績評価方法・基準
期末試験(音楽理論分野)30%、確認試験(教養分野)70%×1回実施
期末試験の内容
ネット配信による試験(記入型)。披見可。追再試あり。
試験は授業終了後に配信により行います。
課題の内容
音楽のルール、知識とも授業内で学んだ事柄

授業内容
第1回
(楽)音名、音符について。(知)日本の音楽の特徴(邦楽の成立)
第2回
(楽)強弱、速度。(知)言葉と音楽(歌詞研究)
第3回
(楽)楽語。(知)ポピュラー音楽とは
第4回
(楽)音階。(知)宗教と音楽1
第5回
(楽)メジャーコード、マイナーコード。(知)宗教と音楽2
第6回
(楽)7thコード。(知)西洋音楽=声楽曲(オペラの楽しみ)
第7回
(楽)ドミナントモーション。(知)近代から現代の音楽
第8回
(楽)コード・プログレッション。(知)ジャパアニメーションと音楽

購入が必要な教科書
書名
著者
出版社
ISBN
備考
ポピュラー音楽理論改訂版
北川祐
リットーミュージック
13:978-4845611485

教科書以外に準備するもの(画材・機材)

参考文献
授業内で提示
※大学での教科書販売はありません。

教員より履修学生へメッセージ
教員連絡先
3F受付に用件を伝えてください。