シラバス情報

授業コード
52180001
講義名
美術史
開講時期
2020年度3Q(後期)
科目分類
教養
科目分野
知の源泉/表現
教員名
畑中 朋子
実務家教員
履修年次
2〜4
単位数
1.00単位
曜日時限
月曜5限、月曜6限

学習目標 (到達目標)
『目で見て、手で覚える』を目標に、様々な時代の美術様式の追体験や、実践的な作品分析を行う。
たとえば構図、キャラクター、物語表現、社会的ニーズなどをプリント上で分析したり描画するなど、美術用語や視覚表現に多角的な観点で触れることで、制作現場等で活用できることを目標とする。
授業概要 (教育目的)
美術史上の様々な様式やムーブメントは、映像やデザイン表現等に脈々と繋がっており、コンテンツ産業で活動するにあたってのリテラシーとしても重要である。昨今は人類史における幅広い表現活動が「visual culture(視覚文化)」という包括的な概念でグローバルに捉えられるようになっている。本科目では、主に西洋における古代から近代までの重要とされる美術様式と主要な作家を中心に解説しつつも、日本文化との比較などを通して広範囲な視覚表現の歴史について考察する。
履修条件
履修条件緩和
成績評価方法・基準
・出席7割未満が評価対象外となるのはもちろん、課題プリントの提出記録が7割未満、試験の提出が無い場合は、単位認定対象外となる。
・原則的に毎回の出席、課題プリント、筆記試験から総合的に評価する。
・プリントは、講義への理解があれば合格範囲となる。(白紙や無記名、誰かの写し、主旨を理解していないもの、送付エラーの場合は無効になるので注意のこと)
期末試験の内容
□試験の方法:
教科書や授業で紹介された作品、画家、美術様式等を問う選択式試験(日本語/欧文alphabet)日常的に教科書やプリントが読めれば問題ない範囲。
□持込物の制限 :資料参照は無し。鉛筆と消しゴムのみ可。
□その他:人数が多い場合は座席番号を指定して着席。
※追試験・再試験は該当者に大学事務局から連絡が届く予定。
課題の内容

授業内容
第1回
印象派にも影響を与えた日本美術のルーツを探る。特に「絵巻物」に着目し、アニメーションにも通じる物語表現手法を探る。
★絵巻によるvisual storytelling
第2回
後世の芸術に影響を与えたギリシア・ローマ神話を はじめ、歴史的な図像にみるキャラクター表現を考察する。
★神話に登場するキャラクターの図式化(描き残しは宿題)。
後世の芸術に影響を与えたギリシア・ローマ神話を はじめ、歴史的な図像にみるキャラクター表現を考察する。
★神話に登場するキャラクターの図式化(描き残しは宿題)。
第3回
キリスト教美術と、14-15世紀に開花したルネサンス美術を取り 上げ、神を中心とした観点から人間を中心とする観点への移行について考察する。
★絵画の構図・遠近法の分析、穴埋めプリント
第4回
17-18世紀の社会的変革に伴い、美術市場の中心が貴族から市民へと移行し、表現方法も変化する。それらの事例を通して絵画の役割について考える。
★プリント記入
第5回
19世紀以降のヨーロッパの近代美術における様々なアートムーブメントを紹介する。
★写真技術の発展、技術の発展にともなう視覚表現の変化について考える。
第6回
20世紀以降のアートムーブメントのキーワードと代表的な作品について考察する
★アートの様々な動向(〜ism/〜art)にキャッチフレーズをつける。
第7回
世界的な美術展やフェスティバルで作品を発表する日本のアーティスト,映像作家などの活動をもとに、現代アートにおけるアイデンティティについて考える。
第8回
全体のふりかえり

購入が必要な教科書
書名
著者
出版社
ISBN
備考
増補新装カラー版西洋美術史
高階秀彌監修
美術出版社
10:4568400643

教科書以外に準備するもの(画材・機材)

参考文献
※大学での教科書販売はありません。

教員より履修学生へメッセージ
教員連絡先